不動産投資の利点と難点

不動産投資

不動産投資ビジネスには、色々な意味があります。
その中には不動産投資周りで発生するビジネスや、不動産投資そのもののビジネスがあげられます。

不動産投資周りで発生するビジネスとは、不動産の収益性を最大限に高めるためのビジネスです。
例えばアセットマネジャーの業務、プロパティマネジメント業務などがそれに該当します。

不動産投資そのもののビジネスとは、そのような不動産に直に資本を投下して収益の獲得を目指すビジネスです。
不動産投資という意味においては、大型不動産へのエクイティ投資から個人レベルの収益不動産の購入などが該当します。

どれをとっても、お金持ちになる方法になり得ます。

このページでは純粋な不動産投資ビジネスという意味で後者のビジネスについて述べたいと思います。

不動産投資の利点

不動産投資ビジネスの利点は、まず大きな金額を動かすことが出来ることにあります。
投資対象が大きければ大きいほど投資効率は上昇します。
不動産投資以外で同様の金額を運用するとなると、ポートフォリオをどう組むかなどで
その調査に相当な労力を要することとなるでしょう。

次に不動産投資ビジネスでは、バリューアップなどで能動的に大きなリターンを狙えるところです。
株などの有価証券への投資の場合、株価自体が上昇しなければ利益もあがらず、
ある意味受動的だと言えます。

しかし、不動産の場合は手を加えることで収益性を高めることが可能です。
あまり収益性の高くない物件を安く購入して、
改修工事などをして収益性を上げて売却するといった投資も行なわれています。

不動産投資の難点

では、不動産投資ビジネスの難点はどのようなところでしょうか。

最も難しいと思われる点は、市場が限られており早期の現金化が難しい点です。

株などであれば市場を通じてすぐに現金化できますが、
不動産の場合は基本的に相対取引のため買いたいという人が現れなければ売却できません。
また、買い手もそれがどのような不動産なのかを十分に調べてからでないと購入の意思決定が出来ません。

そのため買い手も時間と費用を掛けて不動産の調査を詳細に行います。
いわゆるデューデリと呼ばれる調査です。

それでも不動産の価格が上昇している時期ならば買い手も現れやすく売買も成立しやすいのですが、
不動産の価格が下がり始めると、買い手も購入後の価値の下落を避けるため、なかなか売却が難しくなります。

そのような時は大きな損を覚悟で売却するか、また価格が上昇を始めるまで持ち続けるか、
運用方法を決める必要があります。
しかし、不動産を持ち続けるのも金利の上昇、建物の老朽化などの別の問題点を考慮しなければならず、
いつ上昇するのか分からない時期を待つという苦しい選択なのです。

なかなかこの判断が難しいのが不動産投資ビジネスなのです。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です