FIFAワールドカップ2014のサッカーコーチの年収ランキング

ファビオカッペロ

1位. ファビオ・カペッロ (Fabio Capello)

約11億4407万円
イタリア出身で、現役時はMFとして活躍、ASローマ、ユヴェントス、ACミランに在籍していました。監督としては、守備的な布陣を敷き、堅実な戦術が持ち味です。彼の率いたチームはみな安定し、失点や連敗が少ない事が特徴です。就任した先々でタイトルを獲得する事から、「優勝請負人」の異名を持っています。規律に厳しく、結果主義なやり方には批判も多いです。

ロイホジソン

2位. ロイ・ホジソン (Roy Hodgson)

約5億8745万円
イングランド出身で、スウェーデンのハルムスタッドで指導者としてのスタートを切りました。フラムでは、シーズン途中からの就任となったシーズンに残留に成功しました。翌シーズンはプレミアリーグ12位、FAカップで準決勝進出、ヨーロッパリーグ準優勝というクラブ史上でも最も輝かしい成績を上げました。

チェーザレ

3位. チェーザレ・プランデッリ (Cesare Prandelli)

約4億3220万円
イタリア出身で、現役時はMFとして活躍、アタランタBC、ユヴェントスFCなどに在籍していました。ストライカーの育成に実績がある監督でアルベルト・ジラルディーノ、アドリアン・ムトゥを覚醒させた人物として知られています。日本ではパルマ時代に中田英寿と起用法を巡って対立したことで話題を集めました。イタリア代表監督になってからは、国外組の招集には消極的です。

スコラーリ

4位. ルイス・フェリペ・スコラーリ (Luiz Felipe Scolari)

約3億9737万円
ブラジル出身で、選手としての実績は乏しいが、指導者としてグレミオ、SEパルメイラスでコパ・リベルタドーレス制覇に導き、名将の地位を確立しています。フィジカルを重視した組織的な守備を基本としたチーム作りを得意としています。戦術の引出しが多く、使い分けが巧みな監督であると言えます。

オットマー・ヒッツフェルト

5位. オットマー・ヒッツフェルト (Ottmar Hitzfeld)

約3億7451万円
ドイツ出身で、現役時はFWとして活躍。対戦相手を徹底的に分析するとともに戦術に長け、1997年、2001年には「世界最優秀監督賞」を受賞しています。ドイツ語による選手との意志の疎通を信条としており、レアルマドリードなどからオファーがあったが全て断っています。これだけの名監督ながらドイツ語圏以外の名門クラブでの監督経験はありません。

ヨアヒム・レーヴ

6位. ヨアヒム・レーヴ (Joachim Löw)

約3億6024万円
ドイツ出身で、現役時はFWとして活躍、SCフライブルクでは得点王にもなっている。35歳で現役を引退後、ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトのヘッドコーチに、翌年には監督に就任しました。就任した1996-97シーズンでクラシミール・バラコフやジョヴァネ・エウベル、フレディ・ボビッチ等で攻撃的なチームを作り、リーグ4位とDFBカップで優勝しています。

ビセンテ・デル・ボスケ

7位. ビセンテ・デル・ボスケ (Vicente del Bosque)

約3億3862万円
スペイン出身で、現役時はDMF、DFとして大半をレアル・マドリーで過ごしました。2008年にスペイン代表の指揮官に就任すると、2010 FIFAワールドカップを制し、母国を悲願の世界王者に導いています。UEFA EURO 2008、2010 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2012と主要国際大会三連覇という前人未到の記録を成し遂げています。

ルイ・ファン・ハール

8位. ルイ・ファン・ハール (Louis van Gaal)

約2億7380万円
オランダ出身で、MFとして主にオランダのクラブチームで活躍しました。監督としては、アヤックスで94-95シーズンには34試合27勝7分、得失点差78という成績で無敗優勝を達成しています。サッカー界屈指の戦術家であり、選手個々の能力よりもシステムを重視する傾向があります。試合中、自チームの勝敗に関わらずベンチで熱心にメモを取る姿がしばしば見られることもあります。

アルベルト・ザッケローニ

9位. アルベルト・ザッケローニ (Alberto Zaccheroni)

約2億7274万円
イタリア出身で、選手としての実績はない。「ビッグ3」と呼ばれるACミラン、インテル、ユヴェントスをすべて率いた経験を持つのは、ジョバンニ・トラパットーニとザッケローニのふたりだけです。攻撃重視の3-4-3フォーメーションを好む監督として知られています。日本代表監督に就任してから1年間の無敗記録もあります。「私は半分日本人だと思っている。日本に恋している」と言う程日本が大好きなようです。

ユルゲン・クリンスマン

10位. ユルゲン・クリンスマン (Jurgen Klinsmann)

約2億6217万円
ドイツ出身で、現役時はインテルやバイエルン・ミュンヘンなどでFWとして活躍しました。現役を退いた後はドイツ代表監督に就任し、若手選手を積極的に起用するもなかなか結果を出せず、親善試合でも苦戦が続きました。その後就任したアメリカ代表監督時には、2013年のCONCACAFゴールドカップでは優勝に、2014 FIFAワールドカップの出場にも導いています。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です