株式投資の利点・難点【長期投資編】

長期投資

最近では少額投資の非課税口座、通商NISAという制度が作られるなど、現在の日本は空前の投資ブームになっています。
政権交代以降株価はおよそ2倍に膨れ上がり、投資家以外にも多くの人たちが投資市場に参加するようになってきました。

しかし、多くの人たちは株式市場においてなかなか価値をつかむことが出来ないと感じているのではないでしょうか。
それもそのはず、そもそも株式投資とは短期的に儲けを得るものではなく、長期的に儲けを得るのに適した金融商品だからです。
安定して利益を出したいと考える人は長期株式投資を実践して行っていく必要があります。

長期投資の利点

長期株式投資とはその名の通り、比較的長いスパンにわたって株式を保有し、その間に利益を得るというものです。
株式は保有しているだけで配当金や株主優待を得ることが出来るので、長期的に保有していればほぼ投資額を回収することが可能です。
では銘柄をどうやって選べばいいのかという点についてですが、これはやはり将来的に成長の余地がある株式を選んでいくということに尽きるでしょう。
これまでの配当が安定的で、業績も通年で安定しているなど、自分なりの銘柄の選定基準を持っておく必要があります。
もちろん長期投資とはいっても、持っている銘柄が極端に上がった場合には利益を確定させるために、いったん売却する必要もあります。
20%利益が出たらいったん売却し、下がった時に再び買うなど、自分なりの売却ポイントを設定しておきましょう。
また、配当金などはできるだけ再投資に回し、投資額をどんどん増やしていくように心がけましょう。

長期投資の難点

しかし、長期投資には難点もあります。
自分の銘柄選定が実は誤っており、極端に値下がりしてしまい塩漬けになってしまうということがあります。
こうした時に、長期投資の観点からはすぐに損切りをすべきではありません。
取得単価を少しづつ下げて行くために、ナンピン買いをするのも手ですがここでも自分なりのナンピンのポイントを考えておきましょう。
一般的には10~20%の損失が出たときに該当の銘柄を買い増ししていきます。
含み損失が発生してしまうと自分の投資スタイルを崩してしまいそうになります。
株式長期投資の難しいところはそこにあります。
どうしても短期的に考えてしまいがちですが、ぐっと我慢する精神が非常に重要です。
どうしても短期的にしか考えられないという人は優待株に投資をすることもオススメです。
優待株であれば1年に1度もしくは2度現物で何かを得ることが出来るので、儲けの実感を得ることが出来ます。
株式は統計的にも長期的に保有していればかなりの高確率でもうけることができると証明されています。
これを念頭に置いて、長期投資のスタイルを崩さないように長期的な資産形成を考えて行くのが良いでしょう。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です